…吹き出しアイコン新着情報

HOME > 新着情報 > 10/23(金)就労支援セミナー(介護サービス版)を開催しました。

10/23(金)就労支援セミナー(介護サービス版)を開催しました。

令和2年10月23日(金)、高年齢者を対象とした就労支援セミナーを開催しました。

今回のセミナーは、 “介護業界”に焦点を当て、同業界がいわゆる“3K”と言われるイメージから就職を敬遠され、深刻な人手不足の状況にある一方で、実際の現場は労働環境の改善や分業化が進んでいることや、人生経験豊かなシニアの活躍が期待されている職場の一つであることなどを理解してもらうために企画したものです。

セミナーは2部構成で、前半に“介護保険制度の概要”について各務原市役所の介護保険課職員から、後半は“介護の仕事”について各務原市内の介護サービス事業所の職員の方から話を伺いました。介護保険制度に関しては、保険料が自治体によって異なることや、介護サービスを初めて利用するには市役所や地域包括支援センターへの相談から始まることなど、保険制度の基礎を学ぶことができました。また、介護の仕事については、介護施設における仕事の一日の流れについて説明があったほか、シニアに期待する働き方として「直接的な介護業務でなくても、介護職員を少しサポートしてもらえるだけで本当に助かる」などの話がありました。他にも施設によってそれぞれ特徴があり、就業先としての施設選びのポイントなども聞くことができました。

質疑応答では、「ストレスの溜まる仕事だと思うが、どのように解消しているか」「自分に合った施設をどのように選ぶか」などの質問があり、また、セミナー後のアンケートでは「施設見学などで現場を見てみたい」「介護保険制度について理解できました」といった感想がありました。

当協議会では、今後も就労支援セミナーの開催を通じて、シニアの方々の新しい業界への第一歩、チャレンジを応援していきます。

ページ上部へ