…吹き出しアイコン新着情報

HOME > 新着情報 > 「55歳以上のライフプランセミナー」を開催しました!

「55歳以上のライフプランセミナー」を開催しました!

 10月27日(水)と11月4日(木)の2日間で第1回『55歳以上のライフプランセミナー 定年後のはたらき方「お金編」「おしごと編」』を開催しました。
 本来であれば7月に1回目を開催する予定でしたが、新型コロナウイル感染拡大による国の緊急事態宣言を受けて延期せざるを得ず、今回ようやくの開催に至りました。延期した回に申し込まれていた方の多くが、振替日として引き続き参加され、皆様の「将来の生活に備えて準備をしたい」「セミナーで何か学びたい」という想いを感じました。
 また、今回のセミナーは、老後資金を準備するという目的はもちろんありますが、就労を通じて「目標」や「やりがい」を持ち、健康で充実した人生を送るための準備としても役立ていただきたいと考えておりました。そして、「お金」と「しごと」はセカンドライフに大きく関わる重要なテーマなので、時間をとってしっかり学んでいただけるよう2部構成としました。

 1日目の「お金編」は、ファイナンシャルプランナーで岐阜県金融広報員会の金融広報アドバイザーの折戸知美氏を講師に迎え、年金や人生100年時代のマネープランについてお話しいただきました。
 具体的には、以前話題になった「老後資金2,000万円問題」の根拠から始まり、年金の仕組みや特徴・保障などの知識について学びました。その後、リタイア後をイメージするためのライフデザイン表や、1年ごとの収支がどれくらいなのかを「見える化」するためのキャッシュフロー表を作成するワークを行いました。
 参加者からは、「2,000万円問題という言葉に不安を感じていたが、根拠や基準を知ることができて良かった」「キャッシュフロー表の作成は、これからの生活を考えるきっかけとなった」「年金受給を遅らせるメリットを知り、受給を遅らせれるように仕事を
見つけようと思った」という感想がありました。

 2日目の「おしごと編」は、昨年度も講師をお願いしたキャリアコンサルタントの株式会社BLS代表取締役の中川久枝氏と林亜紀子氏に、社会と関わり続ける大切さやシニア世代の働き方、採用を勝ち取るためのポイントについてお話しいただきました。
 前半の中川氏からは、シニアならではの強み、失敗しないための準備を中心に、ご自身の経験や事例を踏まえて、分かりやすく教えていただきました。
 後半は林氏に代わり、履歴書・職務経歴書については書き方や注意点の説明を、面接時の入室方法や姿勢などは実演を交えながら教えていただきました。
 参加者からは、「何のために働くのかという軸が大切だと分かった」「若い人と比べて劣るところばかり気にしていたが、シニアならではの強みに気づかされた」「応募書類の書き方や面接の実技が役に立つと思った」という感想がありました。

 2日間のセミナーを終えて、新しい仕事にチャレンジする気持ちが強くなったという方や、不安が和らいだというご意見もあり、参加して良かったという声を多くいただいたセミナーでした。
 

 今回行った『55歳以上のライフプランセミナー 定年後のはたらき方「お金編」「おしごと編」』は、来年1月にも開催を予定しております。セカンドライフについて考えるきっかけとして、ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。
健康で自分らしく働くために、まずはセミナーに参加することから始めてみてはいかがでしょうか。
(詳細は改めてホームページなどでもご案内させていただきます。)   

ページ上部へ