レポートアイコン活動報告

HOME > 活動報告 > 企業見学会

  • 企業見学会を開催しました! 【ハートライフ(株)】

     令和3年6月29日(火)、ハートライフ株式会社が運営しているグループホーム「ハート・いなば」(大野町)の企業見学会を開催しました。「マスク着用、検温、手指消毒」で感染症対策をしっかりと行い、見学会がスタート。

     最初に担当者から企業概要、グループホームはどのような施設なのか、どんな仕事があり、職員には何が期待されているのかなどをお聞きしました。グループホームは認知症を持った方の共同生活の住まいで、1フロアーに9名の利用者が入居、そこに3名の職員が配置され、家族的な雰囲気が特徴です。「ハート・いなば」でも、いつも同じ利用者さんと接することで、職員は9名の利用者さんのスペシャリストになるそうです。また、長い時間を共有することで、利用者さんからは家族や友人のような感覚を持たれることも多く、若い職員には言いづらいようなことを相談されたり、昭和歌謡の話に花が咲いたりと、シニアだからこそ活躍できる場がたくさんあるそうです。「グループホームはおじいちゃん、おばあちゃんのシェアハウス」と説明されたのが印象的でした。仕事内容は、おむつ交換などの身体介護以外に、話し相手・見守りなどの家庭の延長線上の業務も多く、「家族のように接すれば、今日も一日元気で良かったと思え、気負うと疲れるので気楽に」「笑顔で入居者さんと話しているだけ、それも仕事」と話されていました。

     仕事内容を確認した後に、利用者さんとお会いしました。利用者さんはコロナワクチン接種済みですが、直接触れることは無く、一定の距離を保ちながらでしたが、笑顔が絶えないリビングで3名の職員さんがしっかり見守っておられるのが実感出来ました。

     最後の質疑応答では「勤務される方に求めるのは?」の質問に対し、「介護職は黒子、利用者さんは自分のストーリーを持った主役であり、お客様です。“かわいそう”ではなく、“心”を見て、認知症への理解を持ち、断らずに会話を持って接することが出来ること。また、介護職に少しでも興味があるなら、グループホームから始めるのがお勧めです。」とも話されていました。実際に利用者さん・職員と話し、グループホームがどんな特徴の施設であるのかをしっかりと理解できた見学会となりました。人と接することが好きな方、支援の仕事に興味がある方、また介護サービスに関心はあるが、経験は無く不安という方、グループホームで働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

  • 企業見学会を開催しました! 【信栄ゴム工業(株)】

    企業見学会を開催しました! 【信栄ゴム工業(株)】

     令和2年10月15日(木)、自動車用を中心にゴム部品の製造を行っている信栄ゴム工業株式会社(金属団地)にて内職の体験型企業見学会を開催しました。

     今回の見学会は、実際にゴム製品を製造している工場内を見学しながら、内職で扱う部品がどのような工程で製造されているか、どのような車のどの部分に使用されているものかなどの説明を聞くことからスタート。

     工場内の見学で携わる仕事のイメージを掴んだ後は、実際の内職作業を体験。 机の上にセットされた部品を前に、簡単な説明があった後「まずはやってみてください」ということに。参加者は各々普段触ることのないゴム部品を持ち、切込みの入った部分を外すことから始めますが、“ゴム”なだけに伸びてしまうなど一筋縄にはいきません。「下から押し上げるように外す」とのコツを聞きながら、次のゴム製部品の貼り付け作業に。伸ばすところは伸ばしながら、ただ伸ばしすぎると指定の貼り付け位置からはみ出てしまうなど力加減にもコツがいり「ゴムと友達になる」とのわかりやすい!?アドバイスを受けながらなんとか1個目を完成。「実は作業にコツが必要であることを理解してもらうために、あえて最初は詳しく説明しないでやってもらいました。」とのことで、間違えやすい箇所や「滑らすようにして貼り付け位置まで来たら押さえる」「検査機を通すため、この部分はXXXのように」などの作業ポイントを聞いて再度挑戦。今度は皆さん驚くほどの上達ぶりで、子供が好きなプラモデルを夢中になって作っているかのようにいくつもの製品を完成させていました。

     なお、 質疑応答の時間には、「ノルマは無い」「最初の1週間は少ない数量で作業に慣れてもらう」「作業がわからない場合は会社内で一緒に作業しながら覚える」など不安を取り除く配慮がされていることや、「内職としての効率はどこよりも良い自信がある」「(慣れて数をこなせば)1週間で平均1万円位の収入になる」など、報酬に関する話も聞くことができました。

     今回の見学会は、内職自体の作業内容だけではなく、内職で扱う部品の製造工程の見学や説明がありとてもわかり易く、また、参加者の皆さんが少年のように一生懸命取り組まれる姿が印象に残った見学会でした。

  • 企業見学会を開催しました! 【美人の湯 かかみがはら】

    企業見学会を開催しました! 【クラシオン.(株) 美人の湯】

    令和2年9月9日(水)、11日(金)の2日間、クラシオン.株式会社が運営する日帰り温泉施設「美人の湯かかみがはら」(蘇原申子町)にて企業見学会を開催しました。今回の見学会は、リネン・清掃を中心にフロント、厨房、総務、設備管理など多岐にわたった内容で、非常に多くの参加希望があったことから、急遽日程を追加しての開催となりました。

    見学会は、同社担当者による施設概要の説明から始まり、露天風呂の湯は郡上市(白鳥町)から運ばれる天然温泉水を使用していることや各務原で創業して16年目になること、また、社内で実践されている6S(整理・整頓・清潔・親切・躾・作法)や3Q(良い社員・良い会社・良い製品)についても話がありました。業務内容については、主要業務となるリネンを中心に、清掃・フロント・ホール・厨房の5部門の説明があり、それを縦断的・有機的に社員がサポートしていることや、開店準備から閉店後までの1日の各部門の仕事の流れなどを聞くことが出来ました。(余談ですが、従業員の方は業務終了後にお風呂に入って帰れるとのことで、何ともうらやましい限りです・・・。)

    その後、施設内見学のためボイラー室へ移動。ここは屋内施設であるものの一方は壁が無い開放された環境であるため、特に夏季は外部の暑さとボイラーからの熱気で非常に熱い場所となっているとの説明がありました。(そこで温度や水質保持の仕事をされているリネン担当の方には頭が下がる思いです。)次に施設2階へ。営業中のため浴槽やサウナを見学することは出来ませんでしたが、従業員の“導線”などを確認することで、業務をイメージすることができました。

    なお、 質疑応答では、今回の見学会の特徴でもあった多くの職種に対して「管理部門の仕事はどのような内容か?」「どのような経験が役に立つのか?」などの質問があったほか、今ならではの「感染症対策はどのように行っているか?」という質問も出されていました。

    見学会終了後のアンケートでは、複数の参加者が同施設の業務に関心があると回答されており、主催者として、この見学会が参加者と企業の架け橋になることを願っています。

  • 企業見学会を開催しました! 【(株)八幡ねじ】

    令和2年7月15日(水)、各種ねじ製造、機械加工部品、DIY商品等の製造販売を行っている、株式会社八幡ねじの各務原DC(鵜沼大伊木町)にて企業見学会を開催しました。(企業見学会については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防の観点から開催を見合わせていたため、約4カ月ぶりの開催となりました。)なお、今回の見学会は、各務原DC内で軽作業を希望する方と、自宅での内職作業を希望する方を分けて実施しました。

    見学会では、始めに担当者から(株)八幡ねじの各事業所の役割、取り扱い製品、具体的な仕事の流れなどの説明がありましたが、その中で、各務原DCで取り扱う製品が全国のホームセンターをほぼカバーしていること、さらにDIY女子に対応したインテリアグッズの取り扱いなどに関する話も聞けました。また、DC内の見学では、外国人でも対応できる仕組み作りがされていることや、実際の内職作業と同じ作業も見ることができました。

    質疑応答の時間には、参加者から、勤務時間、食堂、トイレに関することや、内職作業に関しては作業スペースや仕事の頻度などについて質問がありましたが、見学会終了後のアンケートで「わかりやすい内容でした」との感想があるなど、企業様の丁寧な対応が感じられる見学会となりました。         

     

  • 企業見学会を開催しました! 【(有)ファースト】

    企業見学会を開催しました! 【(有)ファースト】

    令和2年7月17日(金)、有限会社ファーストが運営する介護施設「デイサービス花の木 おおの」にて企業見学会を開催しました。

    今回の対象職種は、施設利用者の送迎ドライバーということで、施設内を一通り見学した後、駐車場に移動して実際に送迎に使用する車両(ハイエース、ヴォクシーなど)を確認しながら、車種ごとに異なる装備や特徴などについて説明を受けました。特に車椅子対応車では、見学会参加者が施設の利用者役となり、人が車椅子に乗った状態での乗降操作を試してみるなど、実際の業務内容を体験することができました。また、送迎ドライバーは、特別な介助を要しない方を担当することや、仕事に慣れるまでの最初の1ヶ月程度は他の職員が同行することなど、業務に対する不安要素に関しても丁寧な説明がありました。

    本施設は介護度が比較的軽度な方が多いということで、“自ら活動を楽しんでいただくことを最も大切にしている”との同社担当者の話のとおり、利用者の方が活き活きと運動やレクリエーション、会話などを楽しまれる姿が印象的でした。

ページ上部へ