レポートアイコン活動報告

HOME > 活動報告

  • お仕事体験会&説明会を開催しました!【㈱セブン-イレブン・ジャパン】

     

    令和2年1月24日(金)、(株)セブン-イレブン・ジャパンの協力のもと、「コンビニエンスストア(セブン-イレブン)のお仕事体験会&説明会」を開催しました。今回は、市産業文化センターの一室を会場にして、同社担当者から会社概要、コンビニエンスストアでの業務説明を受けるとともに、コンビニにおける主たる業務の一つである「レジ打ち」を実機を用いて体験しました。

              

    レジ打ち体験では、初めてレジに触れる方も多く、参加者は当初緊張した様子でしたが、担当者から一つ一つの操作を丁寧に教えてもらい、どんな商品を会計する場合でも簡単に操作できることを知りました。そして、会場の雰囲気も次第に和やかになり、楽しみながら操作をされていました。また、PayPay(ペイペイ)などのキャッシュレス決済もボタン一つで処理できることを学び、参加者からは「思っていたより簡単に操作ができた」「分かりやすい説明だった」という感想がありました。

     

    体験会&説明会終了後には、(株)セブン-イレブン・ジャパンから本体験会に参加したことを証明する「受講証明書」が参加者一人一人に手渡され、同社担当者からは「コンビニエンスストアでの仕事内容はレジ打ち以外にも様々あり、次の段階として、実際の店舗での業務体験の機会を設けることも検討したい」との話がありました。

    今回の体験会では、シニアがコンビニで働くことを考える上で最もハードルになると思われる「レジ打ち」を体験することができ、そのハードルが考えていたよりも高くないことを実感できた点においても有意義なものとなりました。

  • 企業見学会を開催しました! 【(株)八幡ねじ】

    令和2年1月16日(木)、各種ねじ製造・販売の株式会社八幡ねじテクノセンター(前渡東町)にて、令和2年に入って初めてとなる企業見学会を開催しました。

    始めに、同センター長から会社概要と、得意先の細かなニーズに対応しながら“1日で700社・1万件の出荷”を実現しているセンター機能の説明があり、続いて現場責任者からセンターの全体像と具体的なモノの流れについての説明がありました。

    その後、工場内の作業場へ移動、「受入れ」から「出荷」までの全工程において一貫して“バーコードでの管理”が徹底されている様子を目の当たりにし、「タブレットの画面に表示されたとおりに作業すれば間違えることは無い」との担当者の言葉に参加者も納得した様子でした。また、作業する際に気になる“ねじの重さ”について実際に持ち上げてその重さを確認したり、空調などの職場環境についても肌で感じながら、すべての作業工程を見学することができました。

    質疑応答の際には、「休憩時間」「昼食」や「支給される備品」など、働く際に “気になる”内容も確認でき、同社での働くイメージを具体的に掴むことができた見学会となりました。

  • 企業見学会を開催しました! 【イオン 各務原店】

    令和元年12月16日(月)、イオン 各務原店(那加萱場町)にて企業見学会を開催しました。

    見学会は、 “イオンモール”と“イオンリテール”の違いなど、イオングループ全体の説明からスタートし、各務原店が東海地区でも超大型店舗であることや店舗の具体的な売り場に関することなどの説明がありました。また、大規模店舗ならではの「多種多様な売場」、「時間帯別の仕事内容」など、豊富な働き方の選択肢があること、多くの人が働く職場だからこそ、しっかりしたマニュアルが存在し、未経験者でもできる仕事であることなどの話があり、社員販売などの福利厚生内容も聞くことができました。

    その後、バックヤードへ移動し、社員食堂、ロッカールームから農畜産物などの作業場、ネットスーパーの対応現場、そして売場までと、店舗内を詳細に見学し、最後に「どんな働き方があるのか」や「年代別の勤務売場」など、売場・職種を選ぶ際に役立つ話も聞くことができ、参加者にとって充実した、満足度の高い見学会となりました。

  • 企業見学会を開催しました! 【(医)村井医院 デイサービスセンター・ラベンダー】

    令和元年12月12日(木)、緑苑中にある医療法人社団 村井医院 デイサービスセンター・ラベンダーにて企業見学会を開催しました。

    施設長から企業の沿革と理念、老人ホームの種類と特徴の説明があり、介護施設全体を理解することからスタート。今回の見学会は“厨房・調理員”の内容で、管理栄養士から、医療施設としてすべて手作りの食事を提供したいと考えていること、嚥下(えんげ)や咀嚼(そしゃく)の状態が異なる高齢者一人ひとりに合わせた食事を提供していること、そして命に関わる厳しい現場であることなどを聞き、実際に施設利用者に提供されている食事を確認しました。

     その後は、“箱庭の見える入浴施設”など、同社の理念に基づいた様々な工夫がされている施設内を見学。事後のアンケートでは、参加者全員から見学会に満足したとの回答があり、医療としての介護現場の厳しさと、1日3回の食事を楽しく食べてもらいたいという心配りを同時に感じることのできた見学会でした。

  • 11/30(土)生涯現役促進セミナーを開催しました。

    令和元年11月30日(土)に、生涯現役促進セミナーを開催しました。

    講師には弁護士でNPO法人長寿安心会代表理事の住田裕子氏を迎え、

    「一人ひとりが輝こう ~人生100年時代の楽しみ方~」をテーマに講演いただきました。

     

     

    セミナーには市民120人が参加し、住田先生ご自身の経験も交えながらの、親しみやすい口調かつ説得力のあるお話に頷きながら聞く方も多く、あっという間の90分間でした。

    終了後のアンケートでも「今後の生き方や考え方の参考になった」「家族やご自身の体験談も聞くことができ、ユーモアがあって面白かった」など、内容に満足したとの感想が多数みられ、大変充実したセミナーとなりました。

     

     

ページ上部へ