レポートアイコン活動報告

HOME > 活動報告

  • 3/2(火)、3/9(火)スマートフォン教室を開催しました!

     3月2日(火)と9日(火)の2日間、ドコモショップ各務原店の協力のもと、スマートフォンの活用方法を学ぶ『スマホ教室』を開催しました。今回は、自身のスマホの習熟度に応じて講座を選択できるよう、「体験コース」・「初級コース」・「中級コース」の3コースに分け、計4回実施しました。

     体験コースは、スマートフォンを持っていない方や基礎を学びたい方を対象に実施しましたが、スマートフォンを初めて使う参加者も、講師からスマホの基本的な使い方の説明を受け、すぐに操作に慣れることができました。その後、参加者同士がペアになり電話やメールの送受信を行ったほか、カメラの機能を使い写真撮影、撮影画像の確認方法を学びました。また、インターネットの検索方法では、音声入力にすれば、1文字ずつ手入力するよりも早く便利であることも教えてもらいました。参加者からは「楽しく学ぶことができた」、「基本的なことから教えていただけたので、とても分かりやすかった」といった感想がありました。

     

     初級コースは、インターネットを利用して情報収集することを学ぶ内容で、実際に「明日の天気」や「自身の趣味」などについて検索し、自分が知りたい情報を閲覧しました。また、当協議会がインターネット上に開設しているホームページを検索・閲覧し、掲載中の求人情報の内容を確認したほか、求人情報に掲載されている企業を検索し、会社概要や掲載されている画像なども確認しました。講座後に実施したアンケートでは「今後は協議会のホームページで求人情報を確認したい」というコメントもありました。

     

     

     中級コースは、地図アプリ(グーグルマップ)を使用し、目的地までの行き方(ルート検索)を学ぶ内容で実施。講座では、市産業文化センターから金華山まで車で行く道のりを検索し、複数のルートを同時に比較できるだけでなく、目的地までの距離、所要時間、渋滞情報のほか、徒歩・電車など交通手段を変えた場合についても調べられることがわかりました。また、画面に表示されるマークの説明や、「目的の施設の駐車場を調べるときは、航空写真の画面に切り替えると分かりやすい」というミニ知識も教えていただき、参加者からは、「あっという間に時間が過ぎた」「もう少し教えてほしかった」などの感想がありました。地図アプリは、日常生活において使える機会も多いので、これをきっかけに積極的に活用していただければと思います。  

  • 2/18(木)シニアと企業の交流会を開催しました!

     2月18日(木)、市産業文化センターにおいて、市内の事業所(店舗)で求人のある企業5社と求職中のシニアの方31名による交流会『シニアと企業の交流会』を開催しました。(当日は朝から生憎の雪模様でしたが、開始30分前には多くの参加者が来場され、皆様の就業意欲の高さを感じました。)

     この交流会の特徴は、「複数の業界・職種の話を一度に聞くことができる」「企業の人事担当者と直接話すことができる」ことで、当協議会としては初めての試みでした。交流会は、企業の人事担当者から募集内容などの概要を聞く「企業紹介」(第1部)、参加者が8人程度のグループに分かれすべての企業ブースを回って話をする「座談会」(第2部)、個別に関心のある企業ブースを訪問して担当者と話す「個別相談会」(第3部)の3部構成で実施しました。(第1部「企業紹介」の前には、当協議会の就労相談員から「求職活動の心構え」として、面接における身だしなみや態度、仕事が早く決まるポイントなどを説明しました。)

     第1部の「企業紹介」では、緊急事態宣言発令の影響で1社がオンラインでの参加となりましたが、各社がスライド使用して、「企業概要」「募集要項」「仕事内容」「求める人物像」などの説明を行いました。

     続く第2部の「座談会」は、第1部が企業からの一方通行の説明であったため、企業と参加者が双方向に対話できる時間とし、参加者から企業に対し、「具体的にどんな事をするのか」「週○回、○時間での勤務は可能か」「労働環境(空調設備)はどうか」など、就業に当たり気になる質問が活発に出されていました。

     最後の第3部「個別相談会」は自由参加としましたが、参加者の多くが気になった企業ブースを訪問し、担当者と就職に当たっての具体的な話をじっくりされていました。

     交流会終了後のアンケートでは、「同世代の方から刺激をもらった」「多くの方と一緒に参加することができ、緊張せずに話を聞くことができた」などの感想があったほか、「今後も開催してほしい」との要望もいただきました。

     協議会としましては、初めての交流会開催で改善すべき箇所も多くありましたが、今回の良かった点や課題などを踏まえ、次回の開催に繋げていきたいと考えています。今回参加されなかった方やできなかった方も次回の交流会にはぜひ参加いただき、就職活動の一助にしていただければ幸いです。

  • 2/2(火)、2/9(火)ライフプランセミナーを開催しました!

     2月2日(火)と9日(火)の2日間にわたり、株式会社BLS代表取締役の中川久枝氏を講師に迎え、『ライフプランセミナー ~シニア世代の「はたらき方」を考える~』 を開催しました。

     1日目は、「『これまでの自分』と『これからの自分』を見つめる」をテーマに、加齢が及ぼすプラス・マイナスの影響を学び、自分の強みを再確認しました。「加齢が及ぼすプラス・マイナスの効果」について、参加者からは、プラスの効果として「冷静な判断ができるようになった」「思い出が増えた」「健康の有難さを知った」など、主に精神的なことが挙げられた一方、マイナスの効果としては「足腰が弱くなった」「目や耳の機能が衰えてきた」など、身体的なことが多く挙げられていました。その後、自身の経験を年代ごとに振り返り、その時期に起こった出来事や気持ちを書き出し、自分の強みを見つけ出すワークを行いました。

     

     2日目は、「『自分らしいはたらき方』を考える」をテーマに、自分の価値観を整理して、実際に行動を起こせるように目標設定するワークを行いました。具体的には、始めに高年齢者の就業率や老後の生活にどれくらいの資金が必要なのかを学び、その後、「ライフ(生活)」と「ワーク(仕事)」に分けて、自分が大切にしている言葉(キーワード)をシートから選び、自分の価値観を整理。最後に、3年後、5年後など自分の将来をイメージし、こうなりたいという目標を設定しました。

     

      セミナー後、受講者からは「自己分析の方法を具体的に知ることができ、自分を見つめ直す良い機会となった」「考えるだけでなく、書き出す事が大切と分かった」「働けるうちは頑張って仕事をしたい」などの感想を聞くことができました。会場の雰囲気も終始和やかで、参加者の満足度も高いセミナーとなりました。

     

     

  • 12/11(金)企業向け高齢人材活用セミナーを開催しました。

     12月11日(金)、市内企業の経営者・人事担当者を対象に「高齢人材活用セミナー」を開催しました。セミナーは2部構成で、1部ではTV出演など多方面でご活躍中のエコノミスト・門倉貴史氏 、2部では(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構岐阜支部の65歳超雇用促進プランナーであり、 中小企業診断士・特定社会保険労務士の吉村庸輔氏にそれぞれご講演いただきました。

     1部では「人口減少時代における人材活用戦略」と題して、世界や日本におけるコロナウイルスの拡大による影響や人口動向から、日本の低い生産性などの現代企業を取り巻く環境を、広い視野でわかり易い数字を交えながら、人材活用の視点でお話しいただきました。 

     また、2部では「シニア人材雇用と助成金活用のポイント」として、法改正による影響、対応すべき問題点から具体的な事例紹介など、すぐにでも取り組むべきことから、シニア雇用で活用できる助成金などの公的なサポートの説明まで、実践的で具体的な内容をご説明いただきました。

     参加企業からは、「コロナの話題から、高年齢者・女性の活用までわかり易く聴けた」「今の人材活用、雇用の課題がより知ることが出来た」などの感想がありました。

     当協議会では、今後も企業に対する高年齢者雇用の啓発活動や公的サポートの活用提案などを通じて、シニアの雇用機会の創出に努めてまいります。

  • 企業見学会を開催しました! 【(株)エヌ・ディ・シー】

     令和2年11月5日(木)、大豆を使った大豆ミート、大豆麺、大豆チップス、大豆ハムなど新しい大豆の加工食品の開発・製造を行っている株式会社エヌ・ディ・シー(鵜沼伊木山)の企業見学会を開催しました。

     始めに、同社担当者から会社概要と全国チェーンへの納品などに伴う右肩上がりの業績や今後の増産計画などによる人材募集の背景の説明があったほか、実際の商品を手にしながらの製品紹介もありました。また、募集職種の業務内容に関して、用意された資料を見ながら、求められる業務を項目ごとに確認、使用する機材などの具体的な説明がありました。

     続いて、 実際に“どこで”“何を”するのかを見てもらうため建物外に場所を移し、粘着トラップや排水溝の場所、草刈りの範囲などを確認。クモは虫の侵入経路に巣を張るため、クモの巣のあるところはコーキング剤で埋めたりするなど「なるほど!」と思う話がいくつもありました。その後再び建物内に戻り、見てきた業務場所も含め、勤務内容全体について質疑応答を行いましたが、「繁忙期はいつになるのか?」「曜日別にすべき内容が決まっているのか?」など多くの質問が出されていました。

     当協議会の人材バンクには製造業の経験のある方が多く登録されており、今回の見学会にも11名の方が参加されるなど、多くの方に関心をもっていただけた見学会となりました。

ページ上部へ