レポートアイコン活動報告

HOME > 活動報告

  • 企業見学会を開催しました! 【ハートライフ(株)】

     令和3年6月29日(火)、ハートライフ株式会社が運営しているグループホーム「ハート・いなば」(大野町)の企業見学会を開催しました。「マスク着用、検温、手指消毒」で感染症対策をしっかりと行い、見学会がスタート。

     最初に担当者から企業概要、グループホームはどのような施設なのか、どんな仕事があり、職員には何が期待されているのかなどをお聞きしました。グループホームは認知症を持った方の共同生活の住まいで、1フロアーに9名の利用者が入居、そこに3名の職員が配置され、家族的な雰囲気が特徴です。「ハート・いなば」でも、いつも同じ利用者さんと接することで、職員は9名の利用者さんのスペシャリストになるそうです。また、長い時間を共有することで、利用者さんからは家族や友人のような感覚を持たれることも多く、若い職員には言いづらいようなことを相談されたり、昭和歌謡の話に花が咲いたりと、シニアだからこそ活躍できる場がたくさんあるそうです。「グループホームはおじいちゃん、おばあちゃんのシェアハウス」と説明されたのが印象的でした。仕事内容は、おむつ交換などの身体介護以外に、話し相手・見守りなどの家庭の延長線上の業務も多く、「家族のように接すれば、今日も一日元気で良かったと思え、気負うと疲れるので気楽に」「笑顔で入居者さんと話しているだけ、それも仕事」と話されていました。

     仕事内容を確認した後に、利用者さんとお会いしました。利用者さんはコロナワクチン接種済みですが、直接触れることは無く、一定の距離を保ちながらでしたが、笑顔が絶えないリビングで3名の職員さんがしっかり見守っておられるのが実感出来ました。

     最後の質疑応答では「勤務される方に求めるのは?」の質問に対し、「介護職は黒子、利用者さんは自分のストーリーを持った主役であり、お客様です。“かわいそう”ではなく、“心”を見て、認知症への理解を持ち、断らずに会話を持って接することが出来ること。また、介護職に少しでも興味があるなら、グループホームから始めるのがお勧めです。」とも話されていました。実際に利用者さん・職員と話し、グループホームがどんな特徴の施設であるのかをしっかりと理解できた見学会となりました。人と接することが好きな方、支援の仕事に興味がある方、また介護サービスに関心はあるが、経験は無く不安という方、グループホームで働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

  • 企業見学会を開催しました! 【医療法人社団 村井医院】

    令和3年4月27日(火)、医療法人社団 村井医院運営の施設である「地域密着型介護付有料老人ホーム“ウィステリア”」 「デイサービスセンター“ラベンダー”」(緑苑中)の企業見学会を開催しました。

     全員がマスクを着用し、入り口で検温と手の消毒を済ませ、まずは “ウィステリア”3階の会議室へ。担当者からパワーポイントを使用した会社概要と2つの施設の機能、“ラベンダー”は デイサービスセンターとして、デイサービス(通所介護)・ヘルパーステーション(訪問介護)を備え、“ウィステリア”は入居者生活介護施設として24時間・365日の介護サービスを提供との説明を受けスタート。 続いて清掃職務では、利用者の入浴中に1日4~6部屋の掃除とリネンの交換、送迎運転手は車椅子対応のワンボックスタイプの送迎車を使用し、介護職員とペアで業務にあたるなど具体的な勤務内容を確認することが出来ました。

     “ウィステリア”内の 2階・1階に移動し、全フロアにカーペットが敷かれた談話室・部屋や各階に2か所あるお風呂場からトイレ・リネン室・備品倉庫にいたるまで、しっかり見学させていただけました。 その後に移動した3階のテラスからは 素敵な景色を観ることができ、参加者からは「ここに入居したい!!」との声も上がりました(画像はホームページ掲載写真より)。

    続いて“ラベンダー”へ移動、実施中のレクレーションや入浴・リハビリ施設を見学、最後は実際の送迎車で、ボタン一つで車高を下げ、スロープを使って車椅子を乗せる方法などを確認させていただきました。

     

    見学中にも「休憩時間の取り方は?」「エアコンのお掃除は?」「食事中にすることは?」など参加者からたくさんの質問があり、「実際に勤務するなら・・」の視点で沢山の確認が出来た見学会となりました。

  • 3/2(火)、3/9(火)スマートフォン教室を開催しました!

     3月2日(火)と9日(火)の2日間、ドコモショップ各務原店の協力のもと、スマートフォンの活用方法を学ぶ『スマホ教室』を開催しました。今回は、自身のスマホの習熟度に応じて講座を選択できるよう、「体験コース」・「初級コース」・「中級コース」の3コースに分け、計4回実施しました。

     体験コースは、スマートフォンを持っていない方や基礎を学びたい方を対象に実施しましたが、スマートフォンを初めて使う参加者も、講師からスマホの基本的な使い方の説明を受け、すぐに操作に慣れることができました。その後、参加者同士がペアになり電話やメールの送受信を行ったほか、カメラの機能を使い写真撮影、撮影画像の確認方法を学びました。また、インターネットの検索方法では、音声入力にすれば、1文字ずつ手入力するよりも早く便利であることも教えてもらいました。参加者からは「楽しく学ぶことができた」、「基本的なことから教えていただけたので、とても分かりやすかった」といった感想がありました。

     

     初級コースは、インターネットを利用して情報収集することを学ぶ内容で、実際に「明日の天気」や「自身の趣味」などについて検索し、自分が知りたい情報を閲覧しました。また、当協議会がインターネット上に開設しているホームページを検索・閲覧し、掲載中の求人情報の内容を確認したほか、求人情報に掲載されている企業を検索し、会社概要や掲載されている画像なども確認しました。講座後に実施したアンケートでは「今後は協議会のホームページで求人情報を確認したい」というコメントもありました。

     

     

     中級コースは、地図アプリ(グーグルマップ)を使用し、目的地までの行き方(ルート検索)を学ぶ内容で実施。講座では、市産業文化センターから金華山まで車で行く道のりを検索し、複数のルートを同時に比較できるだけでなく、目的地までの距離、所要時間、渋滞情報のほか、徒歩・電車など交通手段を変えた場合についても調べられることがわかりました。また、画面に表示されるマークの説明や、「目的の施設の駐車場を調べるときは、航空写真の画面に切り替えると分かりやすい」というミニ知識も教えていただき、参加者からは、「あっという間に時間が過ぎた」「もう少し教えてほしかった」などの感想がありました。地図アプリは、日常生活において使える機会も多いので、これをきっかけに積極的に活用していただければと思います。  

  • 2/18(木)シニアと企業の交流会を開催しました!

     2月18日(木)、市産業文化センターにおいて、市内の事業所(店舗)で求人のある企業5社と求職中のシニアの方31名による交流会『シニアと企業の交流会』を開催しました。(当日は朝から生憎の雪模様でしたが、開始30分前には多くの参加者が来場され、皆様の就業意欲の高さを感じました。)

     この交流会の特徴は、「複数の業界・職種の話を一度に聞くことができる」「企業の人事担当者と直接話すことができる」ことで、当協議会としては初めての試みでした。交流会は、企業の人事担当者から募集内容などの概要を聞く「企業紹介」(第1部)、参加者が8人程度のグループに分かれすべての企業ブースを回って話をする「座談会」(第2部)、個別に関心のある企業ブースを訪問して担当者と話す「個別相談会」(第3部)の3部構成で実施しました。(第1部「企業紹介」の前には、当協議会の就労相談員から「求職活動の心構え」として、面接における身だしなみや態度、仕事が早く決まるポイントなどを説明しました。)

     第1部の「企業紹介」では、緊急事態宣言発令の影響で1社がオンラインでの参加となりましたが、各社がスライド使用して、「企業概要」「募集要項」「仕事内容」「求める人物像」などの説明を行いました。

     続く第2部の「座談会」は、第1部が企業からの一方通行の説明であったため、企業と参加者が双方向に対話できる時間とし、参加者から企業に対し、「具体的にどんな事をするのか」「週○回、○時間での勤務は可能か」「労働環境(空調設備)はどうか」など、就業に当たり気になる質問が活発に出されていました。

     最後の第3部「個別相談会」は自由参加としましたが、参加者の多くが気になった企業ブースを訪問し、担当者と就職に当たっての具体的な話をじっくりされていました。

     交流会終了後のアンケートでは、「同世代の方から刺激をもらった」「多くの方と一緒に参加することができ、緊張せずに話を聞くことができた」などの感想があったほか、「今後も開催してほしい」との要望もいただきました。

     協議会としましては、初めての交流会開催で改善すべき箇所も多くありましたが、今回の良かった点や課題などを踏まえ、次回の開催に繋げていきたいと考えています。今回参加されなかった方やできなかった方も次回の交流会にはぜひ参加いただき、就職活動の一助にしていただければ幸いです。

  • 2/2(火)、2/9(火)ライフプランセミナーを開催しました!

     2月2日(火)と9日(火)の2日間にわたり、株式会社BLS代表取締役の中川久枝氏を講師に迎え、『ライフプランセミナー ~シニア世代の「はたらき方」を考える~』 を開催しました。

     1日目は、「『これまでの自分』と『これからの自分』を見つめる」をテーマに、加齢が及ぼすプラス・マイナスの影響を学び、自分の強みを再確認しました。「加齢が及ぼすプラス・マイナスの効果」について、参加者からは、プラスの効果として「冷静な判断ができるようになった」「思い出が増えた」「健康の有難さを知った」など、主に精神的なことが挙げられた一方、マイナスの効果としては「足腰が弱くなった」「目や耳の機能が衰えてきた」など、身体的なことが多く挙げられていました。その後、自身の経験を年代ごとに振り返り、その時期に起こった出来事や気持ちを書き出し、自分の強みを見つけ出すワークを行いました。

     

     2日目は、「『自分らしいはたらき方』を考える」をテーマに、自分の価値観を整理して、実際に行動を起こせるように目標設定するワークを行いました。具体的には、始めに高年齢者の就業率や老後の生活にどれくらいの資金が必要なのかを学び、その後、「ライフ(生活)」と「ワーク(仕事)」に分けて、自分が大切にしている言葉(キーワード)をシートから選び、自分の価値観を整理。最後に、3年後、5年後など自分の将来をイメージし、こうなりたいという目標を設定しました。

     

      セミナー後、受講者からは「自己分析の方法を具体的に知ることができ、自分を見つめ直す良い機会となった」「考えるだけでなく、書き出す事が大切と分かった」「働けるうちは頑張って仕事をしたい」などの感想を聞くことができました。会場の雰囲気も終始和やかで、参加者の満足度も高いセミナーとなりました。

     

     

ページ上部へ